自分でパソコンを格安修理する方法

パソコンは修理が必要かと思っても自分で修理できることもあります。時間に余裕があるなら出来るだけ自分で出来ることはやってしまいましょう!

パソコンのマウスのボタンが効かなくなった時の修理方法

マウス自体は認識されているし、カーソルもちゃんと動くのにマウスのボタンをクリックしても効いてくれない。そんな時はだいたいマウスボタンの中にあるマイクロスイッチ部分の不具合である場合が殆どです。

完全に部品として破損してしまっている場合には修理は難しいですが、接触不良である場合にはマウスの外装を外して外装側のスイッチを押す突起部分が当たるスイッチのバッド部に薄いフィルムのようなものを瞬間接着剤で貼りつけてあげればマウスボタンを復活できます。

電池切れのパターンもありますので、まずは電池交換を試してみてください。

無線マウスの場合にはUSBの接触不良もありえるので差込口にしっかりと接続されているかも確認するといいでしょう。

パソコンのフリーズを直す方法

フリーズした場合はまずCtrl+Alt+Deleteを同時押ししてタスクマネージャを開いてみましょう。

パソコンは壊れた!と思っても実は正しい方法をすれば修理しなくても大丈夫なんです。でもフリーズしてタスクマネージャを表示させようとしても駄目なときは電源ボタンを5秒くらい押して強制終了しなくてはいけません。

次に起動した時にいつもと違う真っ黒な画面が出てきて故障した!っと思うことがありますが「セーフモードで立ち上げる」「Windowsを通常モードで起動する」などの選択を選べば通常通り起動して修理の必要がない場合がほとんどです。パソコンは修理に出さなくても直せる方法は色々とあります。

パソコンが起動しないときの修理方法

パソコンが起動しない!壊れた!と思ったら、まずコンセントが抜けていないか確認しましょう。

ノートパソコンの場合にはバッテリー切れの場合もあります。

すべて確認をして初歩的な原因で故障していないパソコンを修理に出すことになることだけは避けましょう。

それでも起動しない場合には、以下の2点を確認しましょう。

①まったく電源ボタンが反応しない

②電源は入るけどWindowsマークやアップルのマークなどが出たままで起動しない

「まったく電源ボタンが反応しない」場合は電源ユニットの故障の可能性が高いです。

電源ユニットの故障は早いと1年で故障することもあるようです。

3~5年目に故障することもある故障しやすい部品となります。

この場合は電源ユニットの交換でパソコンが復活します。

自分で電源ユニットを交換して修理する場合にはパソコンのパーツショップ(ドスパラなど)で安いものだと5千円くらいで購入できるので自分で修理すれば5千円程度で直せます。

電源ユニットの交換は難易度が低いのでYouTube動画などで電源ユニットの交換方法を検索してみると出来ると思います。

「電源は入るけどWindowsマークやアップルのマークなどが出たまま動かない」この場合にはハードディスク(HDD)の故障が大半です。

HDDの故障は良くある故障でパソコンを使っていれば3~5年目に一度のペースで故障する可能性の高い部品です。

このHDDを自分で交換修理する難易度は中程度です。

できないことはないと思いますが、なかなか難しいので出来ればパソコン修理に出された方が良いかと思います。

パソコン修理を練習してみたい方は以下を参考にしてください。

①HDDを外す

②外したHDDの中身は復元可能の場合が多い

③復元方法をネット検索やYouTubeで調べておく

④HDDを購入する

⑤壊れたHDDと新品のHDDを差し替える

⑥新品のHDDはOSが入っていないのでOSのプロダクトキーやOSディスクを用意する

⑦OS再インストールできったら外しておいたHDDを復元して元の状態に戻す

ざっくりとこのような流れとなります。

もしHDDが故障した場合には参考にして自分で修理できるか試してみてください。

少し自分では難しそうだなと思ったらパソコントラブルサポート.comなら年中無休で正社員のパソコン修理スタッフが対応してくれます。

 

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。